2009年03月27日

バス

昨日の続きですが、
昨日バスに乗ってタイに帰ってきたなー
と感じる出来事がありました。
私が乗ったバスがちょっと込んでいました。
買い物で荷物がまあまあありました。
そこで、20代後半ぐらいの男性に「どうぞ、座ってください」
と言ってくれました。もちろん、これは私だけではないです。
特に年寄りの人や妊婦さん、子供だったら譲らなければいけない
と言っていいでしょう。逆に譲らないと、変な目線で見られちゃいます。
私は日本生活が長いから、日本生活になれてきてはいるんですが、
やはり母国に帰るとこんなことをやっている人がいて、
なんかうれしかったです。
現在、社会は物質的に豊かになってきているのですが、
時々「思いやり」というものが忘れられています。
お互いに思いやりがあれば、社会はもっと住みやすく、
みんな幸せに暮らせるようになると思います。

今日も読んでくれて、ありがとうございます☆
posted by ホームマリ at 22:24| Comment(1) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
おっしゃるとおりですね。
日本でも、つい20年前位までは、お年寄りや妊婦さんには、ほとんどの人が自然に席をお譲りしていました。今でもそういう人はいますが、少なくなりました。
知らんぷりを決め込む、これは、都会で顕著ですね。田舎ではまだまだみなさん優しいというかおせっかいというか・・・
タイでは何故子供に席を譲るのかなぁ?
私たちにとっては、とても不思議です。
これからも、楽しみにしています。
Posted by チョークディー at 2009年03月30日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。