2008年08月04日

タイ語入門♪♪

第25かいめ♪♪

今日は、タイ語の入門編です♪
こんにちは。(サワッディー)
また会いましょう。(ポップカンマィ)
さようなら(バイバイ)。(サワッディー)
ありがとうございます。(コープクン)
すみません。(コートー)
どういたしまして。(マイペンライ)
(発音記号などは省略しています)
(さようなら→ラーコンは「お元気で!」という
ニュアンスで使います。タイ人はあまり使いません)
(さようならは、目上の人でなければバイバイでも
いいです。)

これらの言葉を覚えると、タイ旅行には
便利です。
さらに、言葉を丁寧語にするには
男性の場合→クラップ
女性の場合→
を、語尾につけます。

タイ語は独特な文字もあり、発音も独特です。
日本語には無い発音・文字なので難しく感じる
かもしれません。
実際、タイ語は難しいと思います 笑。
でも、文法は簡単だと思います。
私はタイ語教師のアルバイトをしているのですが、
私の生徒さんたちは、
「ある山を越えたら、急に分かりだした」と
言います。
タイ語教師のアルバイトをして、
改めて「タイ語」について気がつくことがあります。
母国語として話しているときは何の疑問ももたないことが、「教える」ことによって気がついたりします。
だから、楽しい仕事と思っています。

不定期ですが、これからも「タイ語入門」を
続けていきたいと思っています。
第二弾は、文法と実際の使い方などです。
お楽しみに♪
今日も読んでくれてありがとうございます♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ちょっとお知らせです♪♪
私もお会いしたことがある
渋谷高雄さんの新商品です。
興味がある方はご覧ください。
posted by ホームマリ at 11:37| Comment(6) | タイ語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性が話すタイ語

男性の大阪弁はうるさいのであまり好きでは無いですが、女性の京都弁は大好きです。
それ以上にいいなぁと思ったのが、女性が話すタイ語です。

15年くらい前になりますがコ・サムイでタイ式マッサージを受けた時のことです。
マッサージのおばさんはず〜っと隣のおばさんとしゃべりっぱなしでした。
タイ語の全く分からない自分には心地よい響きとなって耳に入ってきていました。
舌の上を言葉がコロコロ転がっているような感じでした。
マッサージの気持ち良さと相まって夢うつつの中でBGMの様に聞こえていましたね。
Posted by paopao at 2008年08月04日 13:13
タイ語はホント、難しいです。
特に発音(声調)が違えば、カタカナ表記で同じ単語が全然意味が変わってしまいますものね。
『習うより慣れろ』と言う感じでしょうか?

文字の読み書きも例外がやたらと多く、何が基本ルールなのか分からなくなる始末…(苦笑)

確かにマリさんの言う通り、文法は簡単なのである程度ボキャブラリーが増えていけば、比較的会話は難しくないように思います。

タイ語第2弾楽しみにしています。いつかタイ語Q&Aコーナーでも作ってもらえたら助かります。ご検討下さいませ。
Posted by サトーン at 2008年08月04日 16:48
paopaoさま

コメントありがとうございます♪
タイ語は響きがいいと言ってもらうことが多く、
タイ人としてはとても嬉しいです♪
日本語を理解する前は、日本語は穏やかに聞こえました。
大阪弁・京都弁もです 笑。
でも、日本語を理解していくようになったら、
響きは意識しなくなりました。
しかし、日本語のひらがな・カタカナは「かわいい」と思います 笑。
文字の形がかわいいですよね。それは今でも思っています。
タイ語入門、これからもブログで書いていきます。
これからもよろしくおねがいします♪
Posted by ホームマリ at 2008年08月04日 23:07
サトーンさま

コメントありがとうございます♪
はい。「習うより慣れろ」です 笑。
私はタイ語を教えているときに、タイ語の本を読みながら
「あれ、タイ人はこんな表現しない!」ということに
気づくことがあります。そういうことを除けば、
タイ語は単語を沢山覚えれば、話すことは難しくないと思います。
この前、日本人の「頑張ります」という言葉について、留学生同士で
話したことがありました。結論ですが、「日本人は『頑張る』を簡単に使う」
ということです(日本人の悪口じゃないですよ)。
タイでは「頑張る」という言葉、それほど使いません。
こういうことも「習うより慣れろ」です 笑。
タイ語Q&Aコーナー、将来やってみたいですね。
これからもよろしくおねがいします♪
Posted by ホームマリ at 2008年08月04日 23:07
日本人は『頑張る』を簡単に使う
そうです、意味も無く使っていますw
所謂、バカの一つ覚えの様に使ってますね。
だから、自分はあまり好きでは無いです。
「言霊」と言う言葉を知っていますか?
日本人は「言葉に霊が宿る」と考えます。
この場合の「霊」はお化け(タイではピー?)ではありません。
「命」とか「魂」を言います。
で、「頑張る」の元は「我を張る」です。
「我を張る」とは「我が儘を言う」です。
「我を張る」が転じて「頑張る」となったので、本来は「頑張る」には良い意味は無いのです。
スポーツ選手が「頑張りますッ!」と言った瞬間に「我を張って」しまい、体が硬くなっていつものプレーが出来ません。
「頑張る」の言霊の力が働いてしまいます。
タイ語には「言霊」にあたいする言葉はありますか?
Posted by paopao at 2008年08月07日 22:15
paopaoさま(ホームマリ)

コメントありがとうございます♪
前のブログにきてたコメントをコピーしてアップしました♪
返事が遅くなりスミマセン。
「頑張る」について留学生同士で話したとき、
そういえば、私はタイ語で「頑張る」をあまり言わないなぁ〜って
思ったんです。
paopaoさんのコメント、いつも勉強になります。
「頑張る」は、いい意味ではなかったのですね。
なるほどです。
新ブログに変更して、まだ慣れないところもありますが、
これからもよろしくおねがいします♪

Posted by ホームマリ at 2008年08月07日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。